カザフスタンについて

面積・地理

カザフスタン共和国は、ユーラシア大陸の中央部、中央アジアに位置している。272万4900平方キロに達する広大な国土は、旧ソ連邦のCIS諸国の中で2番目に大きく、ロシア、中国、アメリカ、アルゼンチン、ブラジル、カナダ、インド、オーストラリアに次いで世界第9位です。

カザフスタンは、中国に1783キロ、キルギスタンに1242キロ、トルクメニスタンに426キロ、ウズベキスタンに2351キロ、ロシアに7591キロの長さにわたって国境を接している。

西のウラル川に接する低地から、東のアルタイ山脈に連なる山岳地帯まで、3000キロの広がりがあり(二つの時間帯をカバーする距離)、北部の西シベリア低地帯から南部のキジルクム砂漠と天山山脈の山岳地帯まで、2000キロほどの距離がある。

カザフスタンの最北端は北緯55.26度。東ヨーロッパ平原の中央部分の南でイギリスの南端(モスクワの緯度)の位置に相当する。最南端の緯度は、 北緯40.56度。コーカサス地方と南ヨーロッパの諸国の緯度と同じで、マドリッド、イスタンブール、アゼルバイジャンの首都バクの緯度に相当する。

カザフスタン国内には、大小8500の川がある。7大河川の長さの合計は、1000キロ以上に及ぶ。最大の川はウラル川とエンバ川で、カスピ海に注ぐ。シルダリヤ川はウラル海に、イルティシュ川、イシム川、トボル川は共和国を横断し最終的には北極海に注ぐ。

4万8000の大小の湖がある。最大の湖はアラル海、バルハシ湖、ザイサン湖、アラコリ湖、テンギス湖、セレテンギス湖。また、カザフスタンは、世 界最大の湖であるカスピ海の北部と東部の沿岸の多くを占める。カスピ海のカザフスタン側の沿岸は2340キロに及ぶ。カズフスタンの国境の26%はステッ プが占める。国土の44%は1億6700万ヘクタールに及ぶ砂漠で、14%は半砂漠である。それに対して森林は2100万ヘクタールを占める。

気候

海洋から遠く離れており国土が広大なため大陸性で、気温の年較差が大きく1月の平均気温はマイナス19度~マイナス4度、7月の平均気温は19度~26度に達する。冬季の最低気温はマイナス45度に達し、夏季の最高気温は30度に及ぶ。

人口

人口は1794万人(2017年2月現在)。

首都

カザフスタンの行政区画は、14州に区分され、84都市のうち39都市は共和国と州に属しており、159の地区、241の部落、2042の郡によって構成されている。

首都は1997年12月10日よりアスタナ(1997年12月10日にアルマティから遷都)。人口は100万人。

言語

公式言語はカザフ語。ロシア語も公式に使用されている。

通貨

通貨はテンゲ。1テンゲは100ティイン。1993年11月15日に導入された。

Created at : 5.07.2017, 13:25, Updated at : 7.07.2017, 15:25